ダイエットに成功するポイント

ダイエットしたい動機を考える

いろいろな雑誌にはたくさんのダイエットが紹介されています。 どのダイエットでも「5キロ痩せた」とか「ウエストが-8cm」などのタイトルで紹介されています。 ただ、これだけダイエット法があるとどれを選べばいいか正直迷います。

特にダイエットサプリは、服用することで健康を害するということもあるので注意が必要です。 実際、母は、あるサプリを飲んでから体の調子が悪くなり、病院で診てもらいました。 すると「紹介状を書きますので、大手の病院で再検査してください」と言われました。

このときは、母はかなり焦っていました。 そして、再検査の結果、服用していたサプリが原因であることが判明しました。 医者にはすぐに服用を中止するようにきつく言われたようです。 ここまでのことは頻繁にあるわけではないですが、ダイエットする時は注意が必要なときもがあります。

その点、痩身エステならダイエットのプロフェッシャルなので、どの方法が安全で効果があるのかを知っています。 エステではまず、あなたとのカウンセリングから始まります。そこで、「今どの部分が痩せたいのか」「どうして痩せたいのか」を聞かれます。

ここで強い動機がないと、いくらエステに通っても痩せません。 「どうしてもダイエットしたい」という強い動機をじっくり時間を掛けて考えてください。

短期と長期の目標を立てる

自分一人でダイエットするとどうしても甘えが出ます。 最初の3日間は「痩せるぞ」というモチベーションを維持できるので頑張れるものです。 しかし、4日目以降になると挫折しそうになることもあります。 そうすると「今日はダイエットを止めておこう」という心の囁きに負けてしまいます。

そして、今日1日だったのが2日、3日となって1週間実践しなかったということになります。 こうなれば、痩せるわけがありません。 ここで「体に付いた脂肪はなかなか落ちない」さらに「脂肪はすぐに体に付いてしまう」という2つの事実をしっかり把握することが大切。

そこで、短期と長期の目標を立てるのがとても大切になります。 体重というのは、ダイエットをすると3日程度で結果が出て、痩せるものです。 そして、痩せたということに喜びを感じるものです。 これはいいことです。

しかし、3日程度で痩せても、それが継続的に続くということはありません。 つまり、3日で体重が減っても、そこからまったく体重の変化がないということもあります。 この状態が続けば、当然やる気が半減します。 そして「これ以上痩せることはできない」と勝手に解釈してしまいます。

実は、体重の変化は一直線ではありません。 一旦平坦になり、ある時期からまた下降線を描きます。 この事実をしっかり理解しておけば、体重の変化がないときでもしっかりダイエットができます。

そして、このことを理解した上で、短期と長期の目標を立てれば、自分が目標とする体重まで落とすのは比較的簡単です。 エステに通うようになったら、まず最初にスタッフと一緒に短期と長期の目標を立てるようにしましょう。 そうすれば、その目標に合わせてスタッフが一番最適なメニューを組んでくれます。

施術後3日間は少食にする

痩身エステのトライアルキャンペーンを受けて痩せたとします。 そのときはとても喜ぶことでしょう。 だって、自分ではなかなか痩せなかったのが、たった1時間程度の施術で細くなるのですから・・・。 この時点では喜んでもいいです。

ただ、超短期で痩せたものはすぐに元に戻るものです。 これは体の自然の摂理に則っています。 急激に痩せれば、体は「これはおかしい」と思い、原状回復を試みます。 では、エステでの施術は効果がないのかといえば、そんなことはありません。

エステで痩せた後に原状回復しないようにすればいいのです。 ここで、トライアルを受けた後、続けてエステに通うなら、担当のスタッフと一緒に理想の体型を維持するメニューを立ててもらいましょう。

ここからは、施術後、自分で理想の体型の維持する方法をお話しします。 一番最初にすることは、食事を変えること。 施術を受けた当日は、お腹に負担を掛けない食事をしてください。 具体的には、ご飯を止めておかゆにする。 お肉は脂肪が少ない鶏肉にする。 野菜は、煮物で摂取する。 フルーツを食べる。

なぜ、施術後に軽めの食事にするしたほうがいいのかというと、お腹に負担を掛けない食事にすることで、「この体型が理想的な体型である」と体が錯覚するからです。 実は、体重が減った後に、いつもと同じ食事をしてしまうと、食べる量に見合った体重に戻ろうとします。つまり体重を増やそうとするのです。

それを防ぐために施術後は少食にするのです。 では、少食はいつまで続けないといけないかというと3日でいいです。 施術後の3日間で落ちた体重を維持できるかどうかが決まります。 次に運動ですが、軽めのウォーキングを15分程度するだけでいいです。 運動よりも食事が大切です。 運動も3日間すればいいです。

もちろん、ウォーキングができないようでしたら、15分のウォーキングに匹敵する運動をすればいいです。 具体的には直立不動で、かかとの上げ下げを15分してみてください。 エステで痩せて理想の体型を維持するためにも上記の食事と運動は覚えておきましょう。

このページの先頭へ